守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

神式葬儀とは仏式葬儀とは違い、どのような形式となっているのでしょうか。

神式葬儀とは

国内の葬儀の大半は、仏式葬儀です。
ですが昨今は宗教儀礼を行わない葬儀も増えてきました。
そもそも葬儀は仏式葬儀だけではなく、キリスト教葬儀や「神式葬儀」といった形式もあります。
各葬儀によって形式が異なる箇所がありますから、参列する際は注意が必要です。
では神式葬儀とは仏式葬儀とは違い、どのような形式となっているのでしょうか。
神式葬儀について、詳しく調べてみましょう。
神式葬儀とは、神道の葬儀のことです。
神道とは、日本古来の宗教体体系です。
万物のもの神が宿るという八百万の神という概念を持っています。
他の宗教とは異なり、一神教ではないのが神道です。
そのため葬儀の形式も、仏式葬儀とは異なる箇所が多いです。
仏式葬儀における「お通夜」や「葬儀」は、それぞれ「通夜祭」「葬儀祭」と呼ばれます。
葬儀祭において形式がもっとも異なるのは焼香を行わないという点です。
神式葬儀では焼香ではなく、「手水の儀・玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われます。
手水の儀とは、参列者を葬儀前に清めるために行われます。
両手を柄杓ですくった水で、3度洗います。
そして柄杓の水で口を清めます。
神社でお参りする際の作法と同じです。
その後は、拝礼の作法が行われます。
拝礼とは、神社をお参りする際の作法のことです。
2度頭を下げた後、柏手を2度打ちます。
この際、音を立てないようにします。
その後1礼をします。
いわゆる二礼二拍手一礼です。
そして玉串奉奠となります。
玉串とは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたものです。
神式の祝い事の際にも用いられています。
玉串を奉奠する儀礼は形式がしっかりしていますので注意しましょう。
神官から玉串を受け取った際に一礼を行います。
左手で枝先の下から、右手は枝を持つようにします。
玉串は縦に向けて胸のあたりで持ちます。
その後、左手は枝の根元を、右手を枝先へと持ち替えます。
そして玉串を、時計回りに回し枝を祭壇の方へと向けて置きます。
その後は、二礼二拍手、遺族および神官に一礼をします。
このように、神式葬儀は仏式葬儀の作法とは形式が大きく異なります。
神前式を挙げたことのある方なら経験していると思いますが、それ以外の方はなかなか経験する機会がありません。
葬儀は、それぞれの形式に基づいて作法を行うことが重要です。
知らないことは前提であっても、しっかりと調べた上で葬儀の参列を行うよう注意しましょう。
Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.