守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

葬儀ではどのよういったものに対して費用がかかるのでしょうか。

何に費用が必要か

故人を見送るための葬儀は、葬儀社と打ち合わせをしてその詳細を決定することになっています。
葬儀の打ち合わせは、生前でも、医師からの宣告を受けた際でも、亡くなられてからでも可能です。
ただし、亡くなられてから打ち合わせになると、時間が不十分で大変なことになる可能性があります。
当然ケースによりますが、生前から相談をしておく方が問題なく行うことができるでしょう。
では葬儀ではどのようなものに費用がかかるのでしょうか。
葬儀を行うために取り仕切ってくれるのが葬儀社です。
葬儀社に支払う費用の内訳は、「祭壇」「棺」「遺影写真」「返礼品」「車両」「心付け」などとなっています。
そして「斎場の費用」が必要になります。
また「お布施」や「宗教者への費用」などがあります。
これら以外にも、通夜ぶるまいをはじめいつくか費用の発生するものがあります。
これらの総額は平均250万円程度と言われています。
これ以上にかかる場合も多く、簡単に決定することはできない金額と言えます。
葬儀の費用は相場があっても明確な目安となる金額は存在しません。
ですからよく調べる必要があります。
続いて葬儀の打ち合わせでは、日時を決定する必要があります。
その際は、菩薩寺に予定を確認します。
その上で、親族同士で日取りを決定します。
まずお坊さんの予定を優先し、その後斎場の場所とスケジュールを決めます。
まだ同時に火葬の炉を予約する必要があります。
続いて喪主を決める必要があります。
家族の誰かが亡くなった場合、一家の主が喪主を務めることになります。
喪主の経験というものは頻繁にあるものでもなく、葬儀を行うこと自体、少ないことでしょう。
まず喪主はどうやって決めるのでしょうか。
喪主は故人との続柄によって決定されることが一般的です。
ですが誰が務めるかは決められているわけではありません。
家族で協議して決めましょう。
一般的な優先順位として、故人の配偶者、その長男、長女、という具合に年齢の順番になっています。
ですが高齢者が喪主になることは避けても問題ありません。
また、子どもがまだ幼い場合は血縁関係者の中から選びましょう。
こうして遺族の代表者である喪主を決定します。
喪主となった場合、大半は施主ともなります。
施主とは葬儀全体を取り仕切る役割のことです。
喪主は事前に葬儀社としっかり打ち合わせをしておき、菩薩寺や親戚へ連絡を入れます。
そしてお通夜を迎えることになります。
お通夜の際は、弔問客の対応をすることになります。
Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.