守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

香典とは本来どのような意味を持っているのか、正しい知識を確認しましょう。

香典返しについて

葬儀では一般的に「香典」というお供え物があります。
香典は、霊前に備えるための金品のことを呼びます。
香典という文字が示す通り、この費用はお香や線香を購入する代わりに供えるものとなっています。
通夜や葬儀に参列する際、この香典のことを調べる方が多いですが、喪主・喪家となった場合は香典を受け取る立場になります。
そのため、香典とは本来どのような意味を持っているのか、正しい知識を持っておく必要があります。
香典を受け取った場合、「香典返し」という品物をお返しするという習慣があります。
ですが香典返しというものは本来、お渡ししなくてもよいとされるものです。
一般的には喪主が忌明けを迎えた後に、挨拶とかねて品物を送ります。
ですが大半の香典返しは、「即日返し」や「当日返し」といったような当日に渡すことが習慣化しています。
そして香典と同じく、香典返しにも相場というものがあります。
一般的に香典返しは「半返し」と呼ばれており、香典の金額の5割から3割に相当する品物を選びます。
そして香典返しの品物は、使用して無くなるものがよいとされます。
タオルや石けん、コーヒーセットや洗剤といったものが一般的です。
これらは特に決まりがあるわけではありません。
また昨今では香典返しもカタログギフトを使用するケースが増えています。
香典返し用のカタログギフトがありますから、そちらを利用すれば間違いないでしょう。
また、気を配って高いものにする必要はありません。
あくまでも気持ちの上でのお返しですから、かえって気をつかわせることになってしまう可能性もあります。
そして一般的な香典返しは、忌明けの四十九日を超えてからお渡しするものとなっています。
葬儀から日にちも経過しているため、挨拶状を同封しておくとよいでしょう。
挨拶状では、通夜や葬儀、告別式に参列していただいたことに対する感謝の言葉を書きましょう。
また香典に対する心配りへの謝意、忌明けの法要の情報なども記載しておくとよいでしょう。
挨拶状を書く際の表書きは、薄墨を使用します。
文字は「志」や「忌明志」、「満中陰志」などを書きましょう。
特に「志」は宗派に関係なく使用できますので無難です。
また同じ挨拶状でも、仏式葬儀ではなく神式葬儀の場合は、記載してはいけない文字が異なります。
特に仏式葬儀でよく用いられる「冥福」や「成仏」「供養」「回向」「追善」などは避けましょう。
そして神式表書きは「偲草」とします。
またキリスト教葬儀では、仏式で用いられる言葉の使用を避けています。
「忌」という文字は使用せずに「急逝」「永別」などを書きましょう。
また表書きは「志」あるいは「偲草」としておきましょう。
このように、香典返しにもさまざまなルールやマナーがありますから注意しましょう。
Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.