守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

葬儀の形式にはどのようなものがあるのでしょうか、詳しく調べてみましょうか。

葬儀の形式

一概に葬儀といっても、その形式はさまざまです。
昨今は少人数で故人を送るような葬儀も増えてまいりました。
このような葬儀のことを「家族葬」「密葬」と呼びます。
家族葬や密葬は、家族や故人と親しい方だけで行うものです。
また密葬の場合は、後日に本葬を行う場合もあります。
よく有名人などの葬儀で見られる光景です。
家族葬は完全に単独で行うものとなっています。
一般的な家族層では弔問や供花、香典などは遠慮します。
事前にお伝えしておいた方がよいでしょう。
そして一般的な葬儀は「葬儀式」が正式な名称となっています。
葬式という呼び方は、告別式なども含めた意味を持っています。
正式には、葬儀式と告別式とは別のものです。
葬儀式は、宗教的なもので、故人の魂を送るための儀式です。
それに対して告別式は、友人や知人などと故人が最後のお別れをする儀式です。
このように意味合いはまったく別物ということを理解しておきましょう。
そして大きな葬儀としては「社葬」があります。
企業の会長や社長などが亡くなった場合は、社員が殉職した場合に会社が取り仕切る葬儀のことです。
また遺族側と会社側が一緒に行う「合同葬」というものもあります。
さらに会社といった規模ではなく、団体が主催する葬儀のことを「団体葬」と呼びます。
また、葬儀は各地方自治体が行うものもあります。
これは「市民葬」や「区民葬」と呼ばれるもので、低価格で葬儀を行うことができます。
さらに、そもそも葬儀は必ず行う必要がある儀式ではありません。
法律で定められているわけではないので、原則は自由となっています。
このような場合は、火葬のみとなります。
これを「直葬」と呼びます。
火葬をおこなうため、死亡診断書や火葬埋葬許可書が必要となりますから、通常の葬儀と同じです。
もちろん棺や安置する場所も必要になっています。
また昨今では故人になる前に行う「生前葬」というものもあります。
まだ死亡していない時点でその方の葬儀を行うため、一風変わったものと言えます。
この生前葬の宗教的な形式がないものを「お別れの会」とも呼びます。
生きている間に最後の挨拶を行います。
そして葬儀の形式には、宗教が関係しています。
一般的には「仏式葬儀」、「キリスト教葬儀」「神式葬儀」などがあります。
これは故人がどの宗派に属していたかによって葬儀の形式が変わります。
そのため故人の宗派を知っておく必要があります。
事前に確認することが可能ですから、必ず確認しておきましょう。

話題のこのネタ、このサイトがイチオシです

Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.