守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

昨今の葬儀では、宗教に関わらない葬儀を行うことも増えてきました。

仏式葬儀について

葬儀は宗教と密接な関係にあります。
葬儀とは宗教儀礼を行うものです。
ですが昨今の葬儀では、宗教に関わらない葬儀を行うことも増えてきました。
形式にとらわれることなく故人をおくりたいという気持ちもあることも理解できるでしょう。
とはいっても、葬儀の大半は宗教儀礼が重要であると考える方が多いのが現実です。
宗教によって葬儀の形式は異なるものとなりますので、喪主も参列者もその違いを知っておく必要があります。
葬儀の形式を大きく分類すると、「仏式葬儀」と「キリスト教葬儀」「神式葬儀」になります。
仏式葬儀は、最も一般的な葬儀の形式です。
国内で行われる葬儀の大半は、この仏式葬儀となっています。
葬儀と言えば数珠を持ちますが、この数珠を持った葬儀というのは、仏式葬儀のみの形式となっています。
仏式葬儀の特徴は、数珠以外に僧侶による読経や、お焼香などです。
さらに仏式葬儀の特徴として、宗派や地域、寺院による違いもあります。
「天台宗」「真言宗」「日蓮宗」「浄土宗」「曹洞宗(そうとうしゅう)」「臨済宗(りんざいしゅう)」「真宗大谷派」「浄土真宗本願寺派」などがあります。
これらの宗派によって葬儀の細かな形式が異なるものとなっています。
「天台宗」は、すべての存在に仏性があるという教えです。
葬儀では、焼香は1回となっており、線香は3本です。
ですが丁寧にする場合は、焼香は3回となっています。
そして「真言宗」とは、即身成仏を教えとしています。
形式の特徴としては、焼香は3回、線香は3本となっている点です。
そして「日蓮宗」は、「南無妙法蓮華経」を唱える宗派です。
焼香をつまんで頭あたりまで持っていき1回、もしくは3回となっています。
線香は1本となっています。
「浄土宗」は「南無阿弥陀仏」を唱えることで、仏さまになることができるという教えです。
焼香の回数に決まりはありません。
そして「曹洞宗」は座禅の教えを重んじる宗派です。
焼香は頭まで持っていきます。
線香は1本となっています。
「臨済宗」は、「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」を唱えます。
焼香は頭あたりに持っていき、くべる回数は1回もしくは3回です。
線香は1本です。
真宗大谷派は、阿弥陀如来を信じることで、極楽浄土へ往生できるという教えです。
焼香をする際は、焼香をつまんで額あたりまで持っていき、2回行います。
線香は1本を2つに折ります。
「浄土真宗本願寺派」は、「南無阿弥陀仏」を唱えます。
焼香は額あたりまで持っていき、くべる回数は1回です。
線香は1本を2つに折って火をともし、香炉へ寝かせるように置きます。
このように、同じ仏式葬儀でも、宗派によって唱える言葉や、焼香、線香などに違いがあります。
Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.