守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀

キリスト教葬儀には、カトリックやプロテスタントなどの諸派によって形式があります。

キリスト教葬儀について

国内で行われる葬儀は、故人の宗教によって形式が異なります。
行われている葬儀の90パーセントは、仏式葬儀と言われています。
ですが仏式葬儀以外にも「キリスト教葬儀」や「神式葬儀」などもあります。
各葬儀は形式が大きく異なりますから、参列する際は形式を確認しておく必要があります。
それではキリスト教葬儀について調べてみましょう。
キリスト教葬儀には、カトリックやプロテスタントなどの諸派によって形式があり、それぞれ異なる箇所があります。
一般的なキリスト教葬儀では、焼香を用いず献花でお別れをする形式となっています。
カトリックの場合は焼香をする場合もあります。
献花の際は、花の茎が祭壇の方へ向くように置きます。
そして黙祷を行います。
献花には細かな規則などは特に設けられていません。
またキリスト教葬儀では、仏式葬儀と同様に香典という儀礼もあります。
キリスト教葬儀の香典は、「お花料」と記載しましょう。
またカトリックでは「御ミサ料」や「御霊前」などの記載も用いられます。
金額は仏式葬儀の香典と同額と考えておけば問題ありません。
そしてキリスト教葬儀では、仏式葬儀と決定的に異なる部分があります。
それは葬儀中の挨拶です。
キリスト教では、死ぬことは祝福されるべきものとされています。
そのため仏式葬儀で使用される「ご冥福をお祈りします」という言葉はタブーです。
キリスト教葬儀では「安らかな眠りをお祈りいたします」と言いましょう。
葬儀中の言葉はマナーとされますが、遺族が気分を害する発言があれば、それはマナーの範疇を超えています。
そのため仏式葬儀とは概念が異なる部分があることを理解しておくことは、何よりも大切なことです。
また、仏式葬儀と大きな違いとして、牧師への心付けは必要ありません。
謝礼は、葬儀費用にすべて含まれています。
同じく違いとしては、数珠は必要ありません。
また、キリスト教葬儀は、クリスチャンでなくても行うことができます。
また、遺骨も同様です。
そしてキリスト教葬儀を行っても、クリスチャンになる必要はありません。
そして仏式葬儀であるような四十九日といった儀式はありません。
納骨の場合は、亡くなってから1カ月から2カ月後に行われます。
この際は牧師に墓前祈祷を行ってもらいます。
同様に一周忌や三回忌といったものも行われません。
このように仏式葬儀とキリスト教葬儀にはさまざまな違いがあります。
参列する際も踏まえて、ある程度は把握しておきましょう。

話題のこのネタ、このサイトがイチオシです

Copyright (C)2017 守ってますか?葬儀参列のマナーと流儀 All Rights Reserved.